研修講師依頼:南九州市ツーリズム協議会様

南九州市ツーリズム協議会様よりご依頼を受け、研修の講師を行いました。

今回は、ミニ講話で「暮らしに根差した鹿児島の食文化」と題し、自分なりの鹿児島の食文化を、特徴やそれを作り続けてきた人の思いをお話させていただきました。

その後の調理では、一品を「パッククッキング」で行いたいとのご意向を受け、知覧の郷土料理「といのずし」を湯煎可能なポリ袋にいれて調理してみました。
本来、パッククッキングは災害時の調理として普及されているようですが、実際にグリーンツーリズム実践者の方から、受け入れ時に、パッククッキングにすることで、子どもたちが興味をもって調理に参加してくれるのではという思いをお聞きし、試行錯誤しレシピを作ってみました。

「といのずし」は鶏肉をいれた硬めの「ずし」なのですが、砂糖とみそを加えて加熱するので、調味料を加えるタイミングなど少しコツがいることがわかり、私自身もとてもよい学ぶになりました。

そのほかは、通常の調理で「きいこん」「福神漬け」「アルミカップで作る黒糖ふくれ菓子」を実習。

参加者の皆さんの醸し出す和やかな雰囲気が心地よく、とても楽しい時間でした!

『かごしま食歳時記』上・下巻 出版します!

昨年1年間、南日本新聞に掲載した「かごしま食歳時記」が、燦燦舎様より書籍化されました!
12月下旬に店頭に並ぶ予定です。
よろしかったら、こちらの燦燦舎様のブログより、ご予約をお願いいたします。
サインご希望の方がいらっしゃいましたら、心を込めて書かせていただきます。

新聞掲載の文章はすべて加筆をし、新聞休刊日にも新規に料理をいれ、毎日365日、365の日々の料理が掲載されています。
大きな出来事はなくても、その日その日の、うれしいことがあったり、少し悲しかったりと、何気ない日常の中で、作り食べてきた料理の数々です。
多くの料理は、私が出会ったたくさんの方々に、直接教わったものです。
有名な料理人や芸能人が出したレシピ集は数限りなくありますが、
この本は、21世紀の初め鹿児島に生きてきた人たちが、親や祖父母から食べさせてもらい、自分でも作り、家族に食べさせ続けてきた料理のレシピ集です。立派な料理名はなくとも、家族の間では「あれ食べたい」で、つながるようなそんな「名もなき料理」を、その思いとともに掲載しています。

本を出版させていただくなど、身に余ることですが、鹿児島の「名もなき料理」を伝え残すことができること、感謝しかありません。
素晴らしい写真を撮影してくださった、エンガワスタジオ様、峯下清孝様、食と心をイラストで表現してくださった さめしまことえ様、そして、大胆で丁寧な編集をしてくださった鮫島亮二様、本当にありがとうございます!!

左『かごしま食歳時記 上巻 一月から六月の料理』

右『かごしま食歳時記 下巻 七月から十二月の料理』

薩摩川内市で講演

薩摩川内市で講演でした。
市民大学中央公民館講座「もっと楽しめる子育て講座」第4回に呼んでいただきました。
生まれ故郷での講演は独特の緊張がありますが(すごく近所の人がいるのではないか)、おおらかに包んでくださる雰囲気をご参加してくださった方々よりたくさん受け取ることができます。
「出身校は、亀山小学校、川内北中、川内高校です」というだけで、どこかで参加者さんに引っかかるものです。

今回の講演の演題は「たべものと心のおはなし」。
自分が伝えたいことは突き詰めてかんがえると、これに尽きるのだな、と気が付き、最近はよく使っている演題です。
「自分が食べるものを自分で作る」
「子どもの心の中に、大切にされた思い出を食とともに残す」
そして
「食のあたたかな思い出が子どもの人生をまもる」のではないか。
という勝手な思いをお話させていただいております。

食育講演:鹿児島県農政部農政課様

「食育は使いでのよい道具」
~この道具を使って人の心を耕すことができる~

鹿児島県農政部農政課主催の、「食と農の指導者研修」(兼 かごしまの食交流う推進セミナー)によんでくださり、「地域の風土・暮らしに根差した食育活動」というテーマでお話させていただきました。

食農体験がメインでしたので、霧島食育研究会で18年前から継続して取り組んでいる「霧島里山自然学校」、水俣市の愛林館と共催の「棚田食育士養成講座」などをお伝えしました。

いつもと少し違う見方でのテーマをいただくと、自分なりに、深く考え、「で、結局、何を言いたいんだ」と、自問自答しなんとか答えを出すのですが、
今回の結局は
「食育は使いでの良い道具」「人の心を暖かく・深く・優しく耕すことができる」
そして、伝えたいことは
・身近な食材を選びつづけよう
・自分で食べ物を料理しよう
・子どもにあたたかな食の思い出を残そう
ということでした。

食育講演:鹿児島市保健政策課様

センテラス天文館の図書館で講演でした。
鹿児島市保健政策課からのご依頼です。

子どもさんと親御さんを対象として
「はじめての郷土料理」お話で学ぶ鹿児島の食と心
とタイトルをつけ、50分間のお話でした。

講演の際、内容はもとより、一番大切なのが、時間厳守。
与えられた時間を守ること。今日は時計見ないでちょうど50分でした。
目標は依頼された講演時間を1分も違えずに話しきることです。
図書館内の大きな階段を利用しての講演でしたので、たまたま通りかかった方も聞いてくださっていました。

レジュメも、あらかじめ何をお話するかが分かるように、話を聞きながら書き込んだりできるようにと作ってみました。
2枚目には、鹿児島の食文化を学ぶ本のご紹介と、「鹿児島の郷土料理の学びを広げるアイディア」など、書いてみたのですが、「あら、おもしろそう!!」と、取り組んでくれる子どもさんが、少しでもいらっしゃたらいいのですが。

食育講演:薩摩川内市平佐西コミュニティ協議会様

薩摩川内市平佐西コミュニティ協議会様よりご依頼があり講演でした。

打ち合わせの段階から熱心にご対応くださり、当日も丁寧にご配慮いただきありがとうございましす。
立派な演題の横断幕もありがとうございます!

生まれ育ったところとは少し距離がありますが、接点のある方もいらっしゃり、講演後もあたたかなお声をかけていただきました。
いつもマイスター講座でお世話になっているⅯさんが最前列にいらっしゃったのにはびっくり!ありがとうございます!!

ありがとうございました!!

f:id:kagosyoku:20220127215629j:plain

昨年1月より1年間、南日本新聞に「かごしま食歳時記」を掲載しました。
この間、多くの皆様には「ひろば」への感想をお寄せいただき本当にありがとうございました。

「きいこん」「春菊の白和え」「やっだご」「かからん団子」「かいのこ汁」「カボチャご飯」「いとこ煮」などの料理をはじめ
「みがしき」や「くさぎ」「たけのこ」などの食材への思い出など、
お一人お一人の心の中にある「鹿児島の食」を感じ、うれしく拝見していました。

また、スクラップして季節感を楽しんでいるというお声や、
日々のメニューに活用しているという話も多くいただきました。
さらに「無いものをねだるのではなく有るものを探す」という地元学の発想に共感してくださった投稿も、掲載中の大きな支えになりました。
これからも、先人たちが暮らしの中で作り上げた「食材を大切に、食べる人が喜ぶように、食べやすいように」と心を込めた料理を伝え継いでいきたいと思っています。